「新宿トラベラーズ・コワーキング」を訪問してみた! スペース内で国際交流が出来る場所!


shinjyukutravelers_001

1日の平均乗降者数が300万人を超える「東京・新宿駅」。

日本人だけでなく、多数の外国人も多く点在するこの「新宿駅」から徒歩5分圏内に位置するのが、今回ご紹介する「新宿トラベラーズ・コワーキング」さんです!

オーナーの「荻澤」さんに、詳しい話をお聞きしましたので早速ご紹介いたします!

 「コワーキングスペース」を始められた「きっかけ」とは?

普段から、仕事をする上で「繋がりをもっと持ちたい!」と考えていました。

部屋に1人で黙々と仕事をしていてもつまらないですよね? 繋がりが出来ると、仕事を楽しむこともできるので「コワーキングスペース」という場所が最適だと思ったのです。

 

 場所を「新宿」にした理由とは?

shinjyukutravelers_002

昔から、都心部にスペースを持つことは考えていました。

新宿は、子供の頃からずっと馴染みのある場所であり、「都心=新宿」というイメージだったので決めたのが大きいと思います。

あとは、バスのターミナル網がとても発達しているので、週末は温泉地などで仕事ができるのでは?と思ったりもしてます…。笑

 

 「新宿トラベラーズ・コワーキング」という名称の由来は?

shinjyukutravelers_003

「バックパッカー」として、ヨーロッパやアジア各国を旅行するのが昔から好きでした。

ゲストハウスなどを渡り歩いていくうちに、知り合いもたくさん出来て「平等に何でも言える関係」にとても興味が出てきました。

そういった「同じ趣向を持った人が集まればいいなぁ〜」という想いを込めてネーミングしました。

 

 利用している「客層」はどんな人?

30代前後の男性が多いと思います。

スペースの名称がITをイメージするものではないこともあり、学生やフリーの翻訳家、コンサルティング事業をされている人など、様々な職種の方に利用頂いています。

 

ただ、時々ゲストハウスと間違って訪問してくる外国人も多いです…。笑

そのため、一緒に宿泊場所を探してあげたりするようなことも、過去に何度かありました。

 

 最初に想定していた事と「違ったなぁ~」と感じる点は?

オープンしてから感じるのは、いかにしてコワーカーさんたちに来てもらい、活気ある場所にしていくか…? という点が挙げられます。

これは、居酒屋とか喫茶店など、場所を構えて運営している人たちも似たような部分があると思います。特にコワーキングスペースの場合は、まず「コミュニティ」ありきだと思うのですが、コミュニティ運営とスペース経営の難しさに、色々模索している段階と言えます。

 

 どのようなイベントを開催している?

定期的に開催しているのは「英会話カフェ」になります。

これは、外国人スタッフ1名が座るテーブルに、数名の参加者が囲んで英語による「フリートーク」を楽しむ場となります。

 shinjyukutravelers_004

英語を習うというよりも、「英語を話す」ということに重点を置いたコミュニティと言えます。従来の英会話スクールだと必要な入学金やテキスト代・予約などは一切不要なので、誰でも気軽に参加できるのが特徴です。

shinjyukutravelers_005

 

 このスペースだけの、こだわりポイントは?

個人的に、近代的な建物というのが「冷たく」感じてしまい、あまり好きじゃないんです…。

そこで、家の中で仕事ができるようなアットホームな雰囲気作りを、「新宿トラベラーズ・コワーキング」では取り入れるようにしています。

 

訪問してみた感想!

私も実際に「英会話カフェ」に参加してみました!

で、やはりこの「フリートーク」って大切だなぁ~と感じました。私自身、海外へよく行くので分かるのですが、勉強して身に付けた英語よりも、実際に外国人とおしゃべりして身に付いた英語の方が現地では役立つんです。

東京には外国人が大勢滞在していますが、実際にしゃべることなんてほとんどありません。コワーキングスペースに、このような貴重な「体験の場」があることで、新たなコミュニティが生まれることもあるのかと思うとワクワクしてきますね!

 

 

 

今回訪問した「新宿トラベラーズ・コワーキング」さんはこちら!

shinjyukutravelers_007

【 ホームページ 】http://www.tracoworking.com/

【 Facebook 】https://www.facebook.com/tracoworking

 

written by まさとらん