Pocketをとことん活用する必殺の便利ワザまとめ!


pocket_study_03

【 第3回 】「Pocketをとことん活用する!」

前回は、Pocketの基本である「保存」について、様々な方法をご紹介しました。

今回は、さらにもう一歩進んだ活用方法をご紹介していきたいと思います。普段、あまり意識する必要が無いモノもありますが、知っているのと知らないのでは大きく違うかと思います。

ひとまず、「へぇ〜、こんな使い方もあるんだぁ」くらいに思っていれば、後で必要になった時に試してみることもできるはず!

 

【 目次 】

第1回、「利用者急増中のPocketとは」

第2回、「Pocketの基本的な使い方をマスターする!」

第3回、「Pocketをとことん活用する!」

第4回、「スマホ版Pocketの使い方!」

オフライン機能を意識する!

pocket_study_3_01

Pocketに保存した情報は、動画などの一部情報を除いて、ネットに繋がっていなくても閲覧することが出来ます。

これが有効に働くケースとして、主に「スマホ持ち」の人や「出張の多い人」などが考えられます。

つまり、移動が多い場合に、ネットが繋がらないケースというのは非常に多いでしょう。そこで、自宅や職場、公共施設などネットの繋がる場所であらかじめRSSやSNSなどの情報をPocketにどんどん保存しておくわけです。

一旦、Pocketに入れてしまえば、ネット環境は意識せずに次々と情報を閲覧することが出来ますよね。

 

「IFTTT」と連携して使う!

pocket_study_3_02

「IFTTT(イフト)」は、まったく種類の異なるWebサービスをお互いに連携させるサービスです。

例えば、こんな事も可能です。

  • ・「Youtube」でお気に入りに登録するだけで、自動的にTwitterでその動画をつぶやく。
  • ・Instagramに投稿した画像を、自動的にDropboxへ保存する。
  • ・明日が「雨」になると予想される場合のみ、Gメールでお知らせを受け取る。

のような感じです。

IFTTTは、それぞれのWebサービスのメリットを、別のWebサービスと連携することで、新たな価値が生まれるところに魅力があります。

 

例えば、IFTTTを使ってPocketを便利に使う例として…、

「RSSのフィード記事を、自動的にPocketへ保存していく」
pocket_study_3_03

という事も可能になります。

この方法だと、自分で何もしなくても勝手にPocketへ情報が保存されていくので、ネット環境が無くてもすぐに情報収集が始められますね。

 

IFTTTの詳しい解説は、以下でご紹介していますのでご参考にどうぞ!

【 作りながら覚える「IFTTT」レシピの使い方活用講座!(全5回)】
ifttt_study_main_catch

 

多彩なデバイス連携を活かす!

pocket_study_3_04

Pocketを使うメリットの1つとして、スマホやPCなど…多彩なデバイスと連携できる点が挙げられます。

そのため、通勤中や移動時にはスマホなどのモバイルデバイスで閲覧して、会社や自宅ではパソコンを使うという自由な使い方が可能になります。

pocket_study_3_05_2

電子書籍リーダの「Kindle Fire」や「Kobo」からでも、自分のPocketへアクセス可能なので、その応用範囲は非常に広いと言えます。

 

もっと言えば、自分のパソコンやモバイルデバイスでなくても、ネットが閲覧できる端末であれば、「ユーザー名」と「パスワード」でいつでもどこからでも閲覧することが出来るのも魅力です。

 

メールを活用して保存する!

pocket_study_3_06

第2回で「保存」についてご紹介しましたが、実はもう1つだけ違った保存方法があります。

それが「メール」を使った方法です。

Pocketのユーザー登録をした時に使った「メルアド」から、以下の宛先に保存したいURLを送るだけで完了です!

<宛先>
【 add@getpocket.com 】

pocket_study_3_07

メールというのは、ガラケーを始め新旧問わず様々なデバイスに搭載されている優れたツールなので、もしもの時は「メールから保存出来る」というのを覚えておくと良いでしょう。

宛先を、電話帳などに登録しておくと便利かも。

 

【 第3回 】のまとめ

今回ご紹介した内容は、普段あまり意識しなくても問題ありません。

ただ、Pocketの使い方に慣れてきて、何か違う使い方が出来ないか思い始めた時に、少し思い出すと良いでしょう。特に、IFTTTとの連携は素晴らしい体験を与えてくれますよ。

今回、ご紹介した内容は以下のとおり。

  • ・オフラインでも閲覧できる点を活かして、あらかじめ情報を保存しておく!
  • ・IFTTTと連携すると、様々なWebサービスを繋げて機能を拡張できる!
  • ・あらゆるデバイスで機能するPocketの強みを活かした使い方ができる!
  • ・保存の方法には、メールからURLを送って保存することも可能!

という内容でした。

次回は、スマホ端末に関するPocketの使い方をご紹介いたします!

 

第4回目を読む

 

 

【 目次 】

第1回、「利用者急増中のPocketとは」

第2回、「Pocketの基本的な使い方をマスターする!」

第3回、「Pocketをとことん活用する!」

第4回、「スマホ版Pocketの使い方!」

 

written by まさとらん