まず最初に知っておくべき「pocket」の使い方講座!(全4回)


pocket_study_01

 【 第1回 】「利用者急増中のPocketとは」

みなさんは、RSSリーダーやSNS、スマホのアプリなどで情報収集をされているかと思います。

そこで、もし興味のある記事を見つけたら、その後はどうされてますか?

最も多い例としては…

  • ・facebookなどのSNSでシェアする
  • ・Evernoteに記事を保存する
  • ・ブックマークにしておく

などが挙げられるでしょう。

でも、こういう時に…今回ご紹介する「Pocket」を使うと、気になる記事を一瞬でネット上に保存し、あらゆる情報を一元管理したり、SNSなどのWebサービスにシェア・保存をすることが可能になります。

【 Pocket(Web版) 】
pocket_study_1_02

俗に言う「あとで読む」サービスの代名詞として、現在は世界中で利用されています。

 

ちなみにPocketは、スマホ用にアプリとしても提供されています。(詳細は、第4回で解説しています)

【 Pocket(無料) 】

pocket_study_1_app

Pocket(無料)iPhone版リンク
Pocket(無料)Android版リンク

 

なぜ、Pocketを使った方が良いのか?

pocket_study_1_03

Pocketの快適な使い方は「第2回」以降で詳しく解説するとして、まずはこの「Pocket」というサービスの大きなメリットを3つ挙げてみましょう。

  • ・Pocketに対応しているスマホアプリ・Webサービスが非常に多い!
  • ・気になった記事などを一瞬にして保存できる素早さ!
  • ・様々なデバイス間で連携できる利便性!

という点が、挙げられるわけです。

そこで、このメリットを最大限に活かす使い方として、様々なところから得た情報を「一時的にPocketへ集約させる」という方法が考えられます。

例えば、RSSとGoogle検索から情報収集すると仮定した時に、シェアや保存・ブログなどにアウトプットする一例として以下の図のようにちょっと複雑になりがちです。

pocket_study_1_04

当然いろいろ方法はあるわけですが、もっとシンプルに素早くアクション出来るようになるのがPocketというサービスです。

 

今度は、RSSとGoogle検索から情報収集した後に「Pocket」を利用してみます。すると、以下の図のように、とてもシンプルになります。

pocket_study_1_05_2

つまり、インプットした情報はすべて一時的にPocketへ保存しておいて、後からゆっくりと様々なサービスへアウトプットしていけば良いというわけですね。

もちろん、facebookやtwitterなどのSNSから得た情報なども、Pocketへとりあえず放り込んでおくことができます。

Pocketだと、こういう事が可能になる理由としては、先ほど紹介したメリットである「対応サービスの豊富さ」と「一瞬で保存できる素早さ」などが最大限に活用できるからなのです。

 

長期保存には向かないPocket

pocket_study_1_06

Pocketのメリットを活かした使い方をご紹介しましたが、デメリットとなる部分もご紹介しておきます。

それは、「長期的な保存場所としては向かない」という点です。

この点だけをピックアップすると、Evernoteの方が遥かに便利です。理由として、Pocketはフォルダ階層のような構造を持っていないので、保存した記事は溜まっていくだけで整理が出来ません。

pocket_study_1_07

一応、タグ付けは出来るのですが、使いやすいとは言い難いのが現状です。

そのため、Pocketを有効に活用するには「一時的な情報保存場所」として使い、先ほどご紹介したように後から様々なサービスへアウトプットして消化していくのが効率的でしょう。

基本的には、Pocketに保存した情報は、用事が済んだらアーカイブして中身を「空っぽ」 の状態にしておくのが好ましいと言えます。

 

【 第1回 】のまとめ

だいたいの概要は掴めたでしょうか?

インターネットの発達によって、あらゆる情報が溢れている現状では「Pocket」を使って一元管理するのが、非常に便利でシンプルなのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容を、もう一度おさらいしておきます。

  • ・Pocketは、ネット上にある情報を一瞬で保存することが出来る。
  • ・Pocketは、対応しているアプリ・サービスが非常に豊富である。
  • ・Pocketは、スマホやパソコンなど様々なデバイスと連携が出来る。
  • ・Pocketは、長期的な保存には向かないので「一時保存場所」にするのが好ましい。

という内容でした。

第2回目からは、様々なPocketの使い方を基本からご紹介していきます!

 

第2回目を読む

 

 

【 目次 】

第1回、「利用者急増中のPocketとは」

第2回、「Pocketの基本的な使い方をマスターする!」

第3回、「Pocketをとことん活用する!」

第4回、「スマホ版Pocketの使い方!」

 

written by まさとらん