IFTTTで「2つ以上」のWebサービスを同時に繋ぐための設定方法!


ifttt_study_5_01

【 第5回 】「IFTTTでWebサービスを複数連結する!」

一般的に、IFTTTのレシピ作りでは「2つのWebサービス」を連結するのが基本です。

ただ、このIFTTTサービスは、やり方によっては「2つ以上」のWebサービスを連結することも可能です。例えば、twitter・Pocket・Gメール・Instagramのサービスをそれぞれ相互に繋げあって1つのWebサービスのように扱うことも出来ます。

今回は、そんなちょっと変わった使い方をご紹介しておきます!

 

【 目次 】

第1回、「まったく別々のWebサービスを連結する!?

第2回、「IFTTTの出来ないことを知る!

第3回、「今、話題のIFTTTレシピ一挙公開!

第4回、「iPhoneでIFTTTを活用してみる!

第5回、「IFTTTでWebサービスを複数連結する!

 

2つ以上のWebサービスを連結してみる!

複数のWebサービスを繋げると言っても、やる事は今までご紹介した内容とほとんど同じです。

ただ、レシピを作る時に、少しだけ注意点があるので、実際に作りながら見ていきましょう!

今回は、参考例として以下の様な連結を実践してみます!

  • 1,Instagramに写真を投稿する。
  • 2,写真を投稿したら、任意のものだけPocketに自動保存する。
  • 3,Pocketに保存されたInstagram写真を、twitterで自動的にツイートする。
  • 4,PocketにInstagram写真が保存されたら、Gメールで自動通知する。

上記内容を、「Instagramに写真を投稿するだけ」で、すべて自動的に行うように設定してみます!

 

まずは、InstagramをPocketに保存するためのレシピを作ります。(作り方は第1回〜第3回を参照)

ifttt_5_1

ただし、Instagramに写真を投稿する度にPocketへ保存したくないので、タグの設定が可能なレシピにします。

 

そのため、Instagram連結の時に「New photo by you tagged」を選択するようにします。

 

ifttt_5_4

 

そして、任意のタグを設定します。

今回は、Instagramへ写真を投稿する際に「#pocket」というタグを付けて投稿すると、自分のPocketへ保存されるようにします。

ifttt_5_5

ちなみに、タグは何でも構いませんので、お好きな単語に置き換えても問題ありません。

 

ここまで完了すれば、ひとまずInstagramに「#pocket」とタグを付けた写真が、自分のPocketへ自動保存されるようになっています。

そこで、今度は保存されたInstagram写真を自動ツイート出来るようにします。

 

レシピを新規に作成するのですが、作るのは「Pocketサービス」と「twitterサービス」を連結するレシピになります。

ifttt_5_2

今回も、タグを上手く利用します。

デフォルトでは、Instagram写真がPocketサービスに保存された時に「ifttt」というタグが付いています。そこで、「New item tagged」を選択します。

ifttt_5_6

 

タグの設定は「ifttt」と入力することで、Instagramの写真だけ選別することが可能になります。

ifttt_5_7

後は、通常通りtwitterを連結させれば、Instagram写真がPocketに保存されると、自動的にツイートされるようになります。(ツイート内容は、編集可能です)

 

さらに、PocketにInstagram写真が保存されたかどうかを知るために、Gメールで自動通知するようにしてみましょう。

今度は、「Pocket」と「Gメール」を連結するレシピを作ります。

ifttt_5_3

 この時のPocketも、タグを利用するので「New item tagged」を選択しておきます。(タグは、同じく「ifttt」でOKです)

 

そして、Gメールの設定では、通知を送付するメールアドレスを入力します。

ifttt_5_8

 これで、Instagram写真がPocketに保存されたら、自動的にGメールで通知してくれるようになります。

 

如何だったでしょうか?

基本的には、タグ付けによって様々なWebサービスを紐付けて、1つにまとめて管理するようなイメージになります。

合計で、3つのレシピを作る事になりますが、こちら側がやるのは「Instagramに写真を投稿するだけ!」なので、利用するのは非常に簡単ですよね。

 

【 第5回 】のまとめ

IFTTTを活用すれば、今回ご紹介したような複雑な連結も可能になるので、応用範囲は非常に広くなります。

Webサービスというのは、「出来ること」「出来ないこと」が明確なので、IFTTTを使って弱点を補うような使い方を知っていくと楽しいです!

ぜひ、みなさんもオリジナルのレシピ作りを楽しんでください!

 

 

【 目次 】

第1回、「まったく別々のWebサービスを連結する!?

第2回、「IFTTTの出来ないことを知る!

第3回、「今、話題のIFTTTレシピ一挙公開!

第4回、「iPhoneでIFTTTを活用してみる!

第5回、「IFTTTでWebサービスを複数連結する!

 

written by まさとらん