作って覚える「iPhone版」IFTTTのレシピ使い方講座!


ifttt_study_4_01

【 第4回 】「iPhoneでIFTTTを活用してみる!」

2013年10月現在において、IFTTTサービスはiPhoneアプリとしてもリリースされています。

そこで、今回はiPhoneならではの機能に絞って、その使い方の詳細をご紹介していこうと思います。何かと便利なiPhoneですが、IFTTTを使って様々なWebサービスを連結させると、さらなる進化を期待できますよ!

ifttt_4_00

IFTTT

まずは、上記アプリをiPhoneにインストールして、以下の記事を読みながら一緒に実践するとさらに分かりやすくて良いかと思いますよ…。

 

【 目次 】

第1回、「まったく別々のWebサービスを連結する!?

第2回、「IFTTTの出来ないことを知る!

第3回、「今、話題のIFTTTレシピ一挙公開!

第4回、「iPhoneでIFTTTを活用してみる!

第5回、「IFTTTでWebサービスを複数連結する!

 

iPhoneでIFTTTレシピを作ってみる!

それでは、早速iPhoneでIFTTTレシピを作ってみましょう!

今回は、参考例として…、

iPhoneでスクリーンショットを撮ったら、自動的にDropboxに保存する

というレシピを作ってみます!

 

IFTTTアプリを起動して、右メニューを開くと表示される「レシピ追加ボタン」をタップします。

ifttt_4_01_2

 

すると、パソコン版と同様に「this」と「that」にWebサービスを指定する画面になります。

そこで、まずは「this」をタップします。

ifttt_4_02_2

 

そして、上部に表示されるサービスの中から、写真アプリを選択します。

ifttt_4_03_2

すると、利用できる機能一覧が表示されます。

ちなみに、写真アプリ連結の機能としては…、

  • ・新しく写真を撮影したら…
  • ・前面カメラで撮影したら…
  • ・背面カメラで撮影したら…
  • ・スクリーンショットを撮影したら…
  • ・指定のアルバムに写真を保存したら…

というアクションに対して、様々なWebサービスを連結することが可能です。

今回は、「スクリーンショットを撮影したら…」というアクションを選択しました。

 

その後、未認証の場合は以下のように「OK」をタップして認証しておきましょう。

ifttt_4_04_2

 

さらに、「Continue」ボタンをタップします。

ifttt_4_05_2

 

写真アプリの設定が完了したので、「Done」ボタンをタップします。

ifttt_4_06_2

 

続いて、「that」の部分にWebサービスを追加します。

ifttt_4_07_2

 

今度は、Dropboxアイコンを選択します。

ifttt_4_08_2

 こちらも、認証がまだであれば済ませておきましょう。

 

完了したら、「Finish」ボタンをタップします。

ifttt_4_09_2

 

これで、新規のIFTTTレシピが完成です!

ifttt_4_10_2

完成したと同時に、今後はiPhoneでスクリーンショットを撮影したら、自動的にDropboxに写真が保存されるようになります。

ちなみに、Dropboxには新規に「IFTTT」というフォルダが自動作成されて、そこへどんどん保存されるようになります。

ifttt_4_11

 

その他、iPhone特有の機能について!

iPhone版のIFTTTでは、写真アプリ以外にも「リマインダー」や「連絡先」アプリでも様々なWebサービス連結が楽しめます。

例えば…、

「リマインダー」を選択します。

ifttt_4_12

選択できる機能としては…、

  • ・新規タスクを追加したら…
  • ・タスクを完了したら…
  • ・任意のリストにタスクを追加したら…
  • ・任意のリストにあるタスクを追加したら…

という内容のアクションを実行したら、自動的に様々なWebサービスと連結することができます。

 

レシピの作成例としては、Googleカレンダーとの連結が便利そうですね。(参考

ifttt_4_14_2

こうすれば、タスクを追加したと同時にカレンダーにイベントとして追加されるので、iPhoneのカレンダーからタスクを確認することが出来るようになって便利です。

 

他にも「連作先」アプリとの連携が出来ます。

ifttt_4_13

こちらの選択出来る機能は1つだけで…、

・新規に連絡先を追加したら…

というアクションを実行した時に、他のWebサービスと連結できます。

 

レシピ作成例としては、エバーノートとの連結などが考えられますね。(参考

ifttt_4_15

iPhoneの連絡先バックアップとして、任意のノートブックに自動的に保存するようにすれば、iPhoneが故障したり、紛失しても安心です。

 

【 第4回 】のまとめ

今回は、iPhoneの機能に絞りましたが、過去にご紹介したパソコン版で利用していたレシピ作りも可能ですので、スマホから手軽に様々なレシピ作りを楽しめます。

今回のiPhone版紹介内容をまとめると…、

  • ・IFTTTのiPhoneアプリから、PC版と同等のレシピ作りが可能。
  • ・iPhoneの写真・リマインダー・連絡先と連結が可能。

という内容でした。

次回は、IFTTTの活用ワザとして、多数のWebサービスをまとめて連結してみますのでお楽しみに!

 

第5回目を読む

 

 

【 目次 】

第1回、「まったく別々のWebサービスを連結する!?

第2回、「IFTTTの出来ないことを知る!

第3回、「今、話題のIFTTTレシピ一挙公開!

第4回、「iPhoneでIFTTTを活用してみる!

第5回、「IFTTTでWebサービスを複数連結する!

 

 

written by まさとらん