IFTTTレシピで「出来ること」「出来ないこと」を確認する方法!


ifttt_study_2_01

【 第2回 】「IFTTTの出来ないことを知る!」

第1回目では、「IFTTT」がどのようなサービスなのか大枠を解説しました。

今回は、自分で自由にレシピを作るために必要な「連結できる各Webサービス」の「出来ること」「出来ないこと」を確認する方法について見ていきましょう!

この部分を自分で調べて確認できるようになれば、かなり応用が効くようになるので簡単に自分流のWebサービス連結が楽しめるようになりますよ!

【 目次 】

第1回、「まったく別々のWebサービスを連結する!?

第2回、「IFTTTの出来ないことを知る!

第3回、「今、話題のIFTTTレシピ一挙公開!

第4回、「iPhoneとIFTTTを活用してみる!

第5回、「IFTTTでWebサービスを複数連結する!

 

各Webサービスの利用可能な機能を知る!

2013年10月現在で、IFTTTが扱えるWebサービスは70種を超えています。

ifttt_2_2_01

この膨大な数のWebサービスを、自分の好きなように連結するために「何が」出来るのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

まずは、前回ご紹介したように「Create」からレシピ作成をしてみます。

ifttt_2_2_02

 

ひとまず「this」をクリックして、Webサービスを表示してみます。

ifttt_2_2_03

 

今回は、例題として「Gメール」を選択してみます。

ifttt_2_2_04

(Gメールが未認証の場合は、先に認証を済ませましょう)

 

そして、次に表示される画面こそ「何が出来る?」を知るための機能一覧になります。

ifttt_2_2_05

英語で書いているので少し戸惑いますが、 Google翻訳などを使えば意外に理解出来てしまうものばかりです。

ちなみに、Gメールの利用できる機能としては…、

  • ・新着メールを受信したら…
  • ・新規添付ファイル付きメールが受信されたら
  • ・指定した人物のメールを受信したら…
  • ・新着メールにスターを付けたら…
  • ・指定のラベルが付いたメールを受信したら…
  • ・指定の検索内容に合った新着メールを受信したら…

というアクションに対して、他のWebサービスと連結することが出来るのが分かります。

他にも、

Pocketサービスであれば…、

ifttt_2_2_06

  • ・自分のPocketに新規アイテムを追加したら…
  • ・新規にタグ付けをしたら…
  • ・新規にお気に入りを付けたら…
  • ・アイテムをアーカイブしたら…

というアクションに対して、他のWebサービスを連結できます。

さらに、

YouTubeであれば…、

ifttt_2_2_07

  • ・動画をお気に入りリストに追加したら…
  • ・動画を後でみるリストに追加したら…
  • ・動画をアップロードしたら…

というアクションに対して連結可能です。

このように、それぞれのWebサービスで利用できる機能は違うので、あらかじめ自分が使いたいサービスで「何が」出来るかを確認するようにしましょう。

これを覚えておくと、頭の中で「あれとあれをくっつければ面白いなぁ…」というのが分かってくるので、楽しさが倍増します!

 

「this」と「that」で出来る事が違う!

IFTTTは、2つのWebサービスを繋げるレシピを作れます。

そのため、「this」と「that」に任意のWebサービスを設定するわけですが、実はどちらに設定するかで同じWebサービスでも出来る事が違ってきます。

例えば、

先ほどのGメールは「this」に設定した時の紹介でしたが、「that」に設定するとどうなるか見てみましょう。

ifttt_2_2_09

 

表示されたのは、「this」に設定した時と違って、1つだけしか機能が表示されません。

ifttt_2_2_08

これは…、

・指定のアドレスへメールを送る。

という機能です。

つまり、「this」と「that」で使える機能が変化するので、両方の機能を知っておく必要があります。ここは、少し悩ましい部分ですが重要なので覚えておきましょう。
(最初は、自分のよく使うWebサービスだけ覚えておけば良いでしょう)

 

【 第2回 】のまとめ

「this」と「that」で、利用できる機能が違う…というのは、最初は少し戸惑いますが、機能を覚えてくるとスムーズに連結を楽しめるようになります。

利用できる機能が分かってくると、IFTTTを使ってどのような連結が出来るのか見えてきます。

あとは、実際に使って試すのみ!でしょう。

今回、ご紹介した内容は以下のようになります。

  • ・各Webサービスによって、利用できる機能一覧を確認する。
  • ・「this」と「that」で利用できる機能が違う。

第3回目では、人気の高いレシピをいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

第3回目を読む

 

 

【 目次 】

第1回、「まったく別々のWebサービスを連結する!?

第2回、「IFTTTの出来ないことを知る!

第3回、「今、話題のIFTTTレシピ一挙公開!

第4回、「iPhoneとIFTTTを活用してみる!

第5回、「IFTTTでWebサービスを複数連結する!

 

written by まさとらん